忍者ブログ

根性なしトップローパーのクライミング日記&へなちょこランナーのかけっこ & 時々介護 & 闘病日記

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
きむら 栄子
性別:
女性
趣味:
岩登り かけっこ
ブログ内検索
カウンター
バーコード
最新コメント
[07/08 エルメスコピー]
[06/11 スーパーコピー財布]
[06/11 時計コピー]
[04/08 ルイヴィトン財布コピー]
[03/03 スーパーコピーブランド専門店]
最古記事
アーカイブ
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝一に、関東労災病院で、椎間板ヘルニアの再診。

「卒業です」と先生に言われた。

そして「紹介状を出してくれた病院に手紙を出すことにしています」と、
診療状況を記した手紙を書いてくれた。


関東労災病院は大病院で受診するもの大変なので、
薬を貰ったり、ちょっとした診察は、最寄りの病院に行った方が良い、
という配慮からだ。

一般的な対応なのか、病院の方針なのか、先生個人の考えなのかは分からないが、
実際どうしようかと思っていたことなので、助かった。


ヘルニアの再診が終わった後は、バセドウ病の定期検診。
今日は血液検査の日で、採血した。


バセドウ病の検診の後は、関東労災病院に紹介状を書いてくれた病院に、
会社に提出する書類を受け取りに行き、早速書いて貰った手紙を渡した。


蒸し暑い中、トータルで5キロくらい歩いて、いっぱい汗かいて、良い運動にになったemoji

ダンナに「BR行くけど、どうする?」と聞かれたが、今日は行かないことにした。



PR

仕事の昼休み+αを使って、関東労災病院へ。

先生に『どうですか?』と聞かれ『バッチリです!』と答える。
足の可動域を確認し、先生が『大丈夫そうですね。』と。


『相談なんですが・・・』と切り出す。
『趣味が、マラソン(全然走ってないくせに)とクライミングと登山なので、復帰できるようリハビリをしたいんです。』と言うと、通ってするリハビリはないですと先生。
 
『よく腹筋、背筋を鍛えろとか言うけど、必要ないです。ストレッチをして体をやわらかくしてください。』と、お勧めのストレッチ方法を教えてくれた。


やってはいけないことはあるかと聞いたら『特にないです。2~3ヶ月は、ジム筋トレのバーベルを持ち上げるような、体幹に瞬間的に負荷をかけるようなことだけしなければ、走っても良いし、登ってもよいし、荷物を背負っても大丈夫です。』ってemoji


そして『僕も走るんですが、(フルマラソンは)どれくらいで走るんですか?』と想定外の質問に、最近全然走ってないし、言い淀む・・・。

『ベスト記録は?』とさらに聞かれ、『3時間13分です。』と答えた(嘘ではない)。
『僕は3時間20分なんです。女性で3時間13分はすごいですね。』と先生。

20年前の記録だし、今は全く走ってないemoji
『昔の記録で、今はファンランです。』とごまかしたemoji
一応、これから走る予定です・・・。




業後に、BR。
先生のお許しが出たので、スラブから130壁まで、赤■テープ、赤棒テープ、赤×課題と順番に1週回って、青■テープを105度壁まで登ったところで、指皮が剥けたので終了。

とりあえず、腰は大丈夫そうemoji




ブロック注射emojiを打ってから、1週間目の通院。
連日のゲリラ豪雨emojiを心配していたら、天候不良で山行きを諦めたダンナが関東労災病院emojiまで送ってくれたm(__)m


13時過ぎ、診察。

先生に、ブロック注射を打ってから、痛み止めの薬が必要なくなったことを伝えると『もうブロック注射は打たず、このまま経過を見ても良いかも知れないけど』といわれた。

しかし、椅子に座るのが辛くて仕事休んでいるし、この状態から3回ぶり返しているし、『もう1回打つ気満々で来ました』と伝えると、ではもう一回打ってから経過を見ましょうということになった。

そして疑問を先生にぶつける。前回のブロック注射の時に、一番痛いポイントは外して薬を入れたが、そういうものなのかと。先生からは、薬を入れたときのレントゲン画像を見る限り、神経根を捕らえているようだが、一番痛いポイントのときの画像がないから分からないとの返事・・・。


14時過ぎ、神経根ブロック造影検査 2回目。

前回とは違う先生。
『前回と近いところに入れているけど、来ないかな?』と言いながら、時間をかけてポイントを探す。そして大ヒットemoji 足の先まで電流が流れ『来ました!』と言うと、『では痛いですが、頑張って』と薬を入れ始める。これが本当に痛くて、前回の痛さの3倍くらいemoji

悶絶emoji 唸りながら、右手で診察台を叩き、耐える。

終わったところで『足の先まで来たでしょう。』と言う先生に、『はい、凄く効きそうです。』と答える。今回は心残りなし、満足emoji


ここで力尽き、貧血起こしてダウンemoji
看護師さんが『気力で頑張ったのね。』『よく頑張ったわね。』と繰り返し声をかけてくれた。
頑張れない人もいるのかな?途中で止めることは、できそうにないけど・・・。

ソファーに横たわる私に、看護師さんが『大変でしたね~。でも今日の先生は(ポイントに)当たる先生なんですよ。』と教えてくれた。前回待合室で、おばあちゃんが先生によって全然違うと言っていたのを思いだした。腕の良い先生に当たると、とても痛いemoji


今回は、痺れもそれほどひどくなく、痛みも最初の鈍痛が引くとなくなった。
完治が見えてきたemoji



まだ椅子に座るのが辛いので、今日も仕事を休んだ。


休んだものの、一日中家にいるのも、辛くなってきた。
痛みが強いとき、体調不良のときは、それどころではなかったけど・・・。



豪雨の後、青空になったので、駅前の本屋まで出かけてみた。
暇つぶしに、山の本でも買おうかと。


片道、約1kmの道のりが、遠く感じるemoji
足の痺れは軽くなったし、歩き始めは大丈夫だったが、
暫く歩いていると、お尻のあたりがズキズキ。
ストックつきながら、休み休み歩くemoji

本屋には無事辿り着いたものの、
結局、本は買わず、往復2kmの散歩だけになった。



ブロック注射を打った直後より、足の痺れは軽くなってるけど、
痛みは少し増したような気がして、回復に向かっているのか、
注射の効力が落ちて悪くなって来てるのか?

どっちか分からないemoji


まだ椅子には長く座れないし、歩くのもおっかなびっくりだけど、
ブロック注射emojiをしてから、日常的な痛みがなくなった。


おかげでトラムセットを飲む必要がなくなり、
1週間くらい続いた、気持ち悪さ(頭痛、胃がムカムカする等)から開放され、
食欲も戻って、体調良好emoji



久しぶりの青空を窓から眺め、山は気持ちよいだろうな~と、
ダンナを羨ましく思う。



19時頃、ダンナが大好きな温泉に入らず、早めに帰ってきて、
一緒に銭湯に行ってくれた。
銭湯の綱島ラジウム温泉emojiもなかなかです。

久しぶりに、湯上りビールemoji




7/20(水)、痛みはほぼ消滅し、足先の痺れだけになった。
(トラムセット飲んでる限りは、)
明日、明後日、仕事は休みで、ゆっくり休めば、もう大丈夫!って思ったのだけど・・・。



7/21(木)の診察で、状況を報告し『このままトラムセットを飲みながら、経過を見ていきましょう』ということになった。

少し心に余裕ができて、ネットで坐骨神経痛を調べてみると、『坐骨神経痛で、ヘルニアでも、脊柱管狭窄症でもないときは、梨状筋症候群・・・という記事を見つけた。
症状もそっくりで、『これだ!』と思って、梨状筋症候群に良いとされる、ストレッチなどしてみた・・・。
結果、夜から痛み再発emoji

それでも梨状筋症候群が頭を離れない。
(梨状筋はお尻にある筋で、梨状筋が緊張すると痛みが出る)

そしてプレドニン(抗炎症薬)を思いだした。
2014年の11月に、駅近くの病院でヘルニアと診断され、椎間板の軽い炎症だからと処方されたのが、プレドニン(抗炎症薬)。
そのときは薬がすぐ効いたような記憶があって・・・。
(ブログをチェックするとそうでもなかったemoji
椎間板の軽い炎症も、梨状筋の緊張も同じようなものではないか?



7/22(金)翌日、いよいよ痛みが増して、トラムセットも効かなくなってしまったemoji

ダンナに、かかりつけの内科に連れて行って貰い、バセドウ病のメルカゾールと一緒に、プレドニンを処方して貰えないかと相談。

するとプレドニンの重大な副作用について詳しく説明を受け、
(通常は、簡単に処方しない薬らしい、副作用を軽減した新しい薬もある)
そんな薬を簡単に、何日も処方する町医者の怖さを思った。
説明を受けながら、坐骨神経痛の痛みで貧血を起こしダウンemoji

結局、プレドニンではなく、一度試しているリリカを、トラムセットと一緒に飲むように処方された。

結局リリカは、吐き気などの副作用が強くて、2回しか飲めずemoji
数日分残っている座薬のことを思いだし、それで何とかしのいだ。



7/23(土)は出勤したものの、椅子に座っていることができなくなり、14時頃早退。
電車で帰ろうと駅に向かうが、途中敗退。
引き返して医務室のベッドで痛みに耐えながら、ダンナの仕事が終わるのを待った。

ずっと痛みでうーうー唸ってたのに、仕事が終わる頃になって、
薬が効いたのか眠りに落ちる。
ダンナに起こされたときは、症状がだいぶ緩和していてばつが悪いemoji
そして家に帰ると症状悪化するのだから、たちが悪い。



7/24(日)、7/25(月)とも、仕事に行けず・・・。



7/25(火)は、仕事が休みなので、ダンナに整形外科に連れて行って貰った。
火曜受診なので、最初に見てもらった先生が診察。
『MRIでも、レントゲンでも問題はないんですよね』と。

とりあえずトラムセットが効かないときのために、座薬(ボルタレンサポ)と、湿布の処方箋を出して貰うようお願いした後、恐る恐る、紹介状を書いて貰えないかと尋ねた。

答えは『全く問題ないですよ。他の病院で確認をしたいと言うのであれば、紹介状も書きますし、MRIもレントゲンも出しますよ。どこが良いですか?』と快く受けてくれた。
ほっとした。

医療業界のルールが分からないので・・・。

通い切れそうな場所で、知っている病院は数少ない。
少し考えて、関東労災病院に紹介状を書いて貰った。


この日は、日中は薬を使わず(頭痛と食欲不振があったので)、寝る前にトラムセットと座薬を使った。



7/27(水)本日、ダンナが出社するついでに送って貰い、関東労災病院へ。

8時に受付に並んで、診察が9時半過ぎ。
もっと待たされると思っていたが、思いのほか早かった。

診察室に入って、今までの経緯を説明する。
『原因不明』と言われたことを話すと、先生が楽しそうに笑う。

その後、ざっとMRI画像をチェックして『ここでしょう。ヘルニアですね。』と。
所見が正しいか確認しますと言って、前屈したり背中をそらしたり、
色々体を動かされ、『ヘルニアですね』と最終診断。

患部が小さくて分かりにくく、この2ヶ月の薬での治療も、症状の程度から方向性として間違っていないと思いますと、紹介状を書いてくれた病院のフォローも忘れない。


さて、これからどうするか?

『トラムセットだけでは、仕事復帰難しそうですか?』と聞かれ、難しいと答えると、
『ブロック注射を試してみますか?』と聞かれた。

あの痛いことで有名な、ブッ、ブッ、ブロック注射emoji

原因が分かったのだし、このまま薬を飲みながら回復を待つという選択肢もある?
一瞬怯んだが『お願いします』と答えた。
せっかくここまで来たのだし、一歩前に進みたい。

しかし誤診での注射だけは避けたい。
またまた恐る恐る『梨状筋症候群の可能性はありませんか?』と聞いてみた。
答えはきっぱり『100%ありません』と先生笑顔。
『確かに似た症状なので、その可能性を消すために先ほどの診察をしたんですよ』との説明に安心した。

そうと決まれば、即実行!
14時なら今日予約が何とか取れると言われたので、間を置かずに受けることにした。

診察が終わったのが、10時。
売店で小説を買って、長い待ち時間に読み切った。


14時、神経根ブロック造影検査(多分これが正式名称)本番。

最初の麻酔が強烈。
打った瞬間、体がビクッて勝手に浮く感じ。

次にモニターを見ながら、炎症を起こしている神経を探る。
そして大ヒット!
お尻から足先まで電流が流れる、激痛emoji
『来ました~emoji』って叫ぶと、

先生:『今来た?足は来ないでしょ?』
私 :『いえ足先まで電気が走りました!』
先生:『そう?違う気がするんだよな~。』『じゃ、ここは?』
私 :『大丈夫です』
先生:『じゃ、ここは?』
私 :『大丈夫です』
・・・を数回繰り返し、再びヒットemoji
私 :『来ました、今度はいつも痛い場所です!』
2回確認し、
先生:『じゃ、ここに入れときます!』
私 :『お願いします!』
・・・と無事終了。

ヒットしたということは、ヘルニアの見立てが正しかったことの証明。
安心するとともに、足先まで電流が走ったときのポイントでなくて良かったのかと、心残りが・・・。

それでもここ数日、ネットを見るのも辛くて、PCを起動することもしていなかったのが、今日これだけ長いブログを書いてるのだから、効果はあったemoji

あとは、どれだけ持つか・・・。
それにしても、刺激的(?)な経験だった。


2回目のブロック注射を打つかは、1週間後の診察結果で判断される。
必要となったときのため、先行予約した。
2回目は、心残りがないように、頑張ろう~!
何を頑張るemoji



巡り巡って、2年前に見て貰った先生の診断が、正しかったらしいことが分かった。
疑ってごめんなさいm(_ _)m

処方した薬が問題ではあるが・・・。


現在、22時45分、痛みなしemoji



※追記
7/26(火)に母の検診付き添いとケアマネ面談を、一人で引き受けてくれた妹に感謝emoji
特に検診の日は仕事が多いのに、これで5月に続いて2回連続して穴を開けてしまった。
今度、穴埋めしますemoji
いつもありがとうemoji

紹介状を持って、関東労災病院へ。
神経根ブロック注射を打った。

行きは仕事に行くダンナに送ってもらい、
帰りは無理せずタクシーで帰ってくるよう言われていたが、
痛みがなかったので、ゆっくり歩いて電車で帰って来た。





先生3人目で、原因判明!

2年前、おじいちゃん先生は、レントゲン1枚で正しい診断をしていた?



ダンナに連れって行ってもらい、整形外科へ。
紹介状を書いて貰った。

ダンナに連れて行ってもらい、かかりつけの内科検診。

バスで通院(整形外科検診)。

ダンナは、深夜(3時前)、山に向けて出かけて行き、
桃とぶどうを買って帰って来た。


昨日、天井の工事が終わった後、Webで見つけた近所の鍼灸院に行ってみた。

受付で、鍼は使うけれども、所謂はり治療ではないと説明を受け、
どうしようか迷ったが、これも縁と治療を受けてみることにした。
今は、藁にもすがる気持ちだし。


昼に受付して、治療は16時くらいになるとのことで、一旦帰宅して出直し。
4時間待って、治療開始。

そして希望が、失望に変わる。
診察は、教祖様と信者みたいで、騙されている(洗脳されている)気分。

ここで疑っている時点で、患者(信者?)失格emoji
信じない者は、救われないのだemoji


治療自体は一瞬で終了。
先生は『これで治りました!』と満面の笑み。
・・・
でも、何も実感がないemoji


大勢の信者さん、いやいや患者さんが通っているのだから、
効果がある人にはあるのだろうし、完全否定はできないけど、
少なくとも、私には先生がドヤ顔するほどの効果は無かったemoji

安くはない治療費を払い、意気消沈emoji

自分の体に何が起きているのか、分からないのが辛いemoji

本日も、病気日記emoji

昨晩は22時半頃にトラムセットを飲んで寝たので、
2時半頃に薬が切れてきて、痛みで目が覚める予定だったのだけど、
朝までぐっすり眠って、目が覚めたのは7時頃emoji

これ自体は悪いことではないのだけど、
完全に薬が切れた状態で目が覚めたので、
すでに左足に、かなりの痛みと痺れが出てしまっている。

急いで薬を飲んだが、この状態だと、薬が効いて来るまでに時間がかかる。
出発までに痛みが引かないと、車に乗れないemoji

今日も休むか・・・とも思ったが、
1日寝ているのも苦痛なので、頑張って出勤することにした。

助手席のシートをフラットにして、寝た状態で何とか堪えて、駐車場に到着。
ダンナに先に行ってもらい、私は後から杖をついてゆっくり出勤。

そうこうしているうちに、薬が効き始めた。
後は、昼に薬を飲んだだけで、何とか定時まで乗り切ることができた。


それから薬は飲んでいないけど、激しい痛みは出てない。
だいぶ回復したように思うが、油断はできない。
明日、明後日は、また連休なのだが、大人しくしていよう。


ダンナは、速攻で準備して、山に出かけて行った。
今回は南アルプスに行くらしい。
指をくわえて、見送る私emoji




22時頃、左足が痙攣し始め、薬を飲むも、間もなく激痛emoji
もっと早く薬を飲めばよかった・・・。


※追記
昨日、Mtみちゃんが日本に帰って来ましたemoji
木曜日に、BR本館で再会予定。
お土産話が楽しみだな~emoji


今日で、また4日間仕事を休んでしまった。
情けないemoji

時折襲ってくる激しい痛みに耐えながら、
「こんなに痛いのに、原因不明ってどういうこと!」と恨み節emoji


西洋医学が駄目なら、東洋医学だemojiと、
ググっていたら、近所の鍼灸院のホームページに、次のようなことが書いてあった。

自己のからだ(治癒力)を信頼すること。
痛み、症状を憎む(被害者意識を持つ)人は治りが遅い。

少し心を改め、冷静に痛みと向き合ってみた。


とりあえず痛み止め(トラムセット)で、数時間は痛みを緩和できることが分かったので、
薬を飲むタイミングで何とかコントロールできるかも。


トラムセットは、1日4回(毎食後と寝る前)服用可能。
(1回で4時間持ったとしても、4×4=16時間しかカバーできないemoji


寝る前に薬を飲んでも、4時間くらいすると、痛みで目が覚めてしまう。
そこで22時頃飲んで、2時過ぎに目が覚めたときに、もう一回飲むと、
その後は朝までよく眠れることが分かった。

眠れないのが一番辛いので、日中はできる限り薬を飲まずに我慢していたら、
この2日間は、昼、夕方、22時頃、2時頃に、飲むことになって、
それで、そこそこ耐えられた。


これを、朝、昼、22時、2時のシフトにすれば、仕事にも何とか行けそう。
夕方は、多少痛くとも我慢emoji

・・・・・


しかし、対処療法だけでなく、根本的な治療も考えないと・・・emoji
私の体で、何が起きているのだろうかemoji



ダンナが「すっかり病気日記だね」とemoji


通勤の車中で、坐骨神経痛の発作(?)が起きたemoji

昨日から、念のためと、余ってた痛み止め(
トラムセット)を飲んでいたのだが、
効果なかった・・・emoji


杖をついて何とか職場に辿り着くも、椅子には座れない状態。
痛みが落ち着くのを待って、電車で帰宅。

歩くのは大丈夫そうだったので、そのまま病院に行ってみた。

曜日が違うので、先月とは違う先生に診てもらうも、
やっぱり原因不明。
間の悪いことに、朝飲んだ痛み止めが遅れて効いてきたのか、
診察を受けたときは、
痛みの発作が治まっていて、触診でも「所見なし」
(家に帰る頃には、痛みだすのだから、腹立たしいemoji


念のためと、腰のレントゲンを追加で撮ってみるも、
やっぱり原因不明。

私が持っている杖を見て、
「会社行ったときは、仕事できないほど激痛だったんですよね。」
と不思議そう。

「何か見落としているかな~」と考え込んだ後、
「こういうときは様子を見ましょうとなるのですが、良いですか?」と。

痛み止めだけ出して貰うこととなり、前回の処方された薬を見て、
「ずいぶん出したね~」って。
それを良いとも悪いとも言わず、どの薬が効いたか分からなくなってしまうから、
1個に絞りましょうということで、トラムセットだけ処方して貰った。
副作用を抑える薬は、最初だけでよいので、残っている薬で十分とのことだった。


次回の受診までに、何をしたら痛いのか、
またメンタル的なことが影響していないか、
観察するように言われた。

メンタルか・・・。
仕事辞めたら、治るかな?


家で休んでいると、早速トラムセットの副作用か、胃がむかむかしだす。
1回吐いたら、落ち着いた。


痛みの発作は続き、今日は残ってた座薬のお世話にもなってしまった。



もう回復方向で、ここまで悪くなることはないだろうと思っていたから、
ショックだemoji







今日と明日の連休は『山に行くぞ~』と、張り切っていたダンナは、
直前に変わった雨emoji予報に意気消沈emoji


仕方ないと、私の病院emojiの送り迎えをしてくれた。
土砂降りの雨になったので、助かった。


9時過ぎに、整形外科へ。
もう殆ど痛みもなく、日常生活は問題ないと言うと、先生もほっとした様子。
原因不明ですから・・・。
もう通院はしなくて良いとのことで、湿布だけ処方して貰った。


今回、10日間仕事を休んでしまい、経済的に痛いな~と思っていたら、
会社の健保から『傷病手当金』が貰えることが分かって、感謝emoji
いつも文句ばかり言っているけど、
福利厚生がしっかりしている会社で助かりましたm(_ _)m


整形外科の診察を受けた後は、バセドウ病の定期通院へ。
おくすり手帳を見た先生が、「大変なことになってますね」と言って、
整形外科で処方された薬の解説をしてくれた。

そして「ロキソニンとトラムセット(非麻薬性鎮痛剤)を同時に処方することは、
まずしないんですけどね」と。

最初は痛みから逃れたい一心で全ての薬を飲んだが、
自己判断で早めに飲むの止めて正解だったemoji



一旦家に帰って昼ごはんを食べ、一息ついてから、
ダンナに買い物に連れて行ってもらったが、
何だか疲れてしまってすぐ帰って来てしまった。




ダンナは17時頃、山に向けて出発。
明日は、晴れると良いねemoji


何とか3連勤を乗り切って、今日と明日は連休。

ダンナが送り迎えしてくれるというので、
実家に足を運んだ。

母は一人で淋しいという様子もなく、悠々自適で楽しそう?
本当にそうであってくれると良いのだけど・・・。




今日は、痛み止めを飲んでいない。


左足に痺れはあるものの、痛みは殆どなくなったので、
昨晩から薬を飲むもを止めた。


今日は、朝から鎮痛剤を飲んでいないが問題なしemoji

これでお酒が飲めるemoji
って、そっちemoji


emojiemoji
  emojiemoji  emojiemoji  emojiemoji  emojiemoji  emojiemoji  emojiemoji

昨晩も夜中に、お尻に激痛が走り目が覚めた。

仰向けに寝るとどうしてもお尻に負担がかかるようで、
鎮痛剤飲んで、掛け布団を抱いてうつ伏せで寝たら調子良しemoji

腰に毛布かけただけで寝たので、朝は体が冷えて調子悪しemoji


それでも仕事終わる頃には、元気復活。
BRへ。

懸垂ボードにぶら下がった後、ストレッチを少々。
何より常連さんとの会話でリフレッシュemoji


Hがさんのにお勧めされた、グリッドフォームローラーを早速ネットで購入した。

昨日、調子が良かったので、夜薬を飲むのを止めてみた。

結果、夜眠れずemoji
夜中に痛みで何度も起きて、その内数回ダンナも道連れに目が覚めて・・・。


ダンナは、Iw崎さんとクライミング。
早朝、出かけて行ったが調子悪そうemoji


私も、一日調子悪かったemoji





当分薬は手放せそうにない。
キツイ薬なので、止めたいのだけど・・・。

やっと仕事復帰。

仕事のやり方忘れているかと思ったけど、何とかなったemoji
でも強烈に疲れたemoji


帰りにBRへ。
Taまちゃんはじめ、常連さんに会えて、リフレッシュ。

もちろん登りません。
懸垂ボードにぶら下がるだけ。


この前作った課題をTaまちゃんが登ってくれたみたいで、
Taまちゃんの『た』・・・
ではなくて『え』が書いてある。
えええ???

一昨日、ダンナに連れて行って貰い、病院へ。

まずはMRI検査。
結果、若干痛んでいる椎間板があるものの、ヘルニアの兆候もなく、
結局は原因不明emoji


治療は、対処療法emoji

効果が無かった痛み止めを止め、
もう少し強い薬に切り替え。

強い薬には、副作用があり、
副作用を抑える薬も一緒に処方された。

各種痛み止めと、胃腸薬、安定剤、下剤、座薬等々、
計7種の薬が処方された。
薬でお腹いっぱいになりそうemoji


一昨日は、痛み止めが効いて、久しぶりに良く眠れ、
昨日は、薬の副作で吐き気がしていたが、それも落ち着き、
痛みはだいぶ緩和され、今日は出勤するつもりだったのだけど・・・。


今朝起きたら、左足がまた痺れているemoji
会社に行ってから調子が悪くなると、
一昨年の二の舞になってしまうので、今日も休みm(__)m

でもやっと回復の兆しが見えきたような・・・。






5月26日に動けなくなってから、10日も経ってしまった。

左のお尻からふくらはぎにかけて、激しい痛みがある。

一昨年の11月に寝込んだ時の症状と似ているので、
坐骨神経痛で、数日安静にしていたら治ると思っていたが、
10日経った今日も回復の兆しなし。

寝てても鈍痛があり、歩くと冷や汗が出るような耐えられない痛み。
ずっと安静にしていれば治りも早いのかも知れないが、
トイレにも行かないといけないし、そういうわけには行かずemoji


5/31にダンナに病院に連れて行って貰って、
レントゲンを撮ったところでは、原因不明。
6/7にMRIを撮ることになった。

病院で打って貰った痛み止めの点滴も、鎮痛剤も期待したほどの効果なく、
耐えられなくなると、座薬が多少効果あり・・・。


忙しい時に仕事も休んでしまって、職場にも迷惑かけてしまっているし、
その間の収入がないのも痛いemoji

10日間も、ずーと家にいることも苦痛emoji
6月に計画していた登山も絶望的。

負担を掛けているダンナにも、申し訳なく。
ごめんm(__)m
感謝emoji

仕事休みにて、ダンナに病院に連れて行って貰った。

診察を待つ間、椅子に座ることができないので、ベンチに寝て待つ。
予約優先の病院なので、比較的空いているのがありがたい。

ベンチに寝ていると、看護師さんたちが『大丈夫ですか』と声をかけてくれる。
大きな病院だが、皆親切で気持ちの良い病院だ。

そして診察。
と、ベンチの凹凸が腰に良かったのか、診察のときは痛みがないemoji
治った???

それでもレントゲンを撮るために、着替えをしたときに痛み復活emoji

一昨年に駅前の病院に行ったときは、
直立のたった1枚のレントゲンでヘルニアの診断だったが、
今回は4枚ほど、いろんな角度からのレントゲンを撮って、
骨にはゆがみなしとの診断。

ただ腰骨に線が写っていて、剥離の疑いありといわれた。
骨が剥離するようなことはしてないし、痛みの質からもないとは思うけど・・・。

最後に痛み止めの点滴を打ってもらうも、効果は一瞬。
帰りの車の中では、痛みで冷や汗がemoji

家に直行して貰い、薬はダンナが薬局に取りに行ってくれた。

大量の鎮痛剤を貰ってきたが、効かない。
寝る前に飲んだ、強力な痛み止めに期待するも、
やっと眠りに入っても、激痛で目が覚めてしまう。

最終手段の座薬を使ったところ、すぐに効いて、
久しぶりに熟睡できた。






症状和らぐも、結局夜になって悪化emoji

仕事行けず。
今日は昨日より状態悪く、1日何もできず。